トマトソース瓶☆常温保存ための煮沸消毒と脱気法


毎年、自家製トマトソースを仕込んで常温で保存しています。
1年くらいはもつし、冷蔵庫のスペースを取らないのも嬉しい。

イタリアのマンマに教わった脱気法をご紹介しますね。
マンマ達は、ガレージの倉庫やキッチンの棚、
食材庫に常温で置いて、その都度使っていました。

瓶は新しくても、使いまわしでもO.K
フタはパッキン(ゴム状のシール)が
ついてるほうが密閉度が高くなります。

☆煮沸消毒の方法☆
瓶で保存食を作る時は、まず煮沸消毒します。

【手順】
瓶とフタを洗剤で洗う
鍋に水を入れ、瓶を入れて火をつける。瓶の保護にフキンを敷いてもO.K
(急激な温度変化で瓶が破損しないように、水から入れて徐々に温度を上げる。
ちなみに何個も煮沸する時は続けて熱湯にいれますが、破損はあまりないです。
瓶によってヒビが入ることはあります)
沸騰したら約10分煮沸消毒
(瓶に湯が浸かっていない部分は、トングで1,2度回転させます)
トングで瓶を取り出す。熱湯がトングを伝って落ちてくることがあるので
気を付けてください。
湯気を逃がすために横向けに約30秒置く
(タオルなどの上で行うと、中に湿気がこもることがあるため。
清潔な網の上で行っても良いでしょう)
立てて置いて、余熱で乾燥させる
フタは瓶の煮沸後、80℃くらいの状態で約3、4分消毒
(パッキンは煮沸すると劣化しやすいため、さっと消毒)
瓶の乾燥が終わって、水滴がついていたらキッチンペーパーで
ふき取って完了

動画

☆自家製トマトソース・常温保存のための脱気法☆
春から夏に仕込む自家製トマトソースを保存する時に脱気をしています。
イタリアのマンマに教わった脱気法をご紹介します。
上手にできれば常温で1年くらい保存できますよ。

【手順】
トマトソースは作りたての熱いうちに瓶に、めいっぱい入れる。
縁から1cm下くらいまで。
(熱々の状態で入れることで瓶の内圧を上げやすくなる)
鍋の湯は、瓶が2/3つかるくらいまで入れる
フタを軽く閉める
弱火から中火で常に沸騰させた状態で、約30分火を通す
(途中で湯が少なくなれば、足してください)
一旦フタを閉める(熱いので気を付けて)
ミトンをつけて瓶を取り出す
フタをぎゅーっと強く閉める(熱いのでくれぐれも注意)
冷めるまで常温で置いておく
冷めて、フタの真ん中がわずかに凹んでいたら成功
(温度が冷めて瓶内の気圧が下がると、フタが凹みます。
フタによっては、凹むときにポコッと音がします。
そして脱気、滅菌に失敗したものは腐敗が進み、フタが膨らんできます)
冷暗所に保管。フタを開けたら冷蔵庫に。
(直射日光がガンガン当たるところを避けて)

動画

そうそう、開ける時に、硬くてどうしても開かない時ありますね。
そんな時は、フタのフチをスプーンなどで思いっきり叩きます。
(フタが凹んじゃうくらい思いっきりね・笑。)
私はいつもこれで開いてますよ!
また硬い瓶が出てきた時に、動画撮りますね(*^^*)

自家製トマトソースは、パスタソースに、肉魚の煮込みにすぐ使えて
添加物もなく重宝しますので、1年分を仕込んで、
夏の美味しさを堪能しましょう♪

野菜たっぷりトマトソースは好評につき、
9/20まで販売を延長しました。
動画レシピ(教材)のご案内

【フェイスブック】
教室ページ
フォロー大歓迎です♪

 【Instagram】
イタリア旅、日常のイタリア料理、調理道具、
レッスン料理などを載せております。

お気軽に更新しているので、よかったら見てみてください。
tavolafelice

 ゜・*:.。☆..。.:*・゜゜・*:.。☆..。.:*・゜゜・*:.。☆..。.:*゜゜
しみじみ美味しいおうちで愛されるイタリアン
La Tavola Felice ~ 幸せな食卓 ~
HP: http://tavola-felice.com
Mail: tavolafelice8@gmail.com
FB: https://www.facebook.com/la.tavola.felice

゜・*:.。☆..。.:*・゜゜・*:.。☆・゜゜・*:.。☆..。.:*・゜゜・